2011年12月2日

[WLS] WebLogic 12c over 200 new features

Oracle WebLogic Server 12cの主要な新機能
  • Java EE 6対応と、開発者の生産性向上
  • 容易な展開と、仮想化を用いた管理
  • 統合されたトラフィック管理
  • 可用性の強化と災害対策・復旧機能の強化
  • 性能の格段の向上

  • Java EE 6およびJava SE 7での動作検証済み、高速なデプロイメント
    • Javaクラス、コード、XMLが少なくてすみます
  • 最新のプログラミングテクニックを利用できます
    • Dependency Injection、Annotations、POJO、REST 
  • 業界で有名なツールと連携可能 
    • Maven, Hudson, Eclipse, JDeveloper, NetBeans
  • 容易な展開と、仮想化を用いた管理
  • トラフィック管理との統合
  • WebLogic/RAC Clusterとの統合
  • WebLogic、iAS、その他のApplication Serverからのシームレスな移行
もっと知りたい方は、以下のサイトをどうぞ。
そして、最高最良のWebLogic Server 12cは2011年12月上旬からOTNでダウンロードできるようになる予定です。
image
定期的に情報を入手したい方は、WebLogicパートナーコミュニティに登録してください(訳注:EMEA地域のみ、日本からは参加できません)。

Oracle EMEA Partner Community for WebLogic (WLS)
http://www.oracle.com/partners/goto/wls-emea

原文はこちら。
http://blogs.oracle.com/emeapartnerweblogic/entry/weblogic_12c_over_200_new

0 件のコメント:

コメントを投稿